スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカマツ物語-その1

上栃谷の奥、ハイキング道の脇に、一本のアカマツが立っています。

アカマツ

すらりと背が高く、どことなく、気弱げで、上品なたたずまいの美しい木です。

数年前から元気を失くしてきているのはわかっていたのですが、私にはどうすることもできません。

ただ、パトロールの行き帰りに、立ち寄って、その木肌をそっとなでて、「頑張ろうな、お互いに。」と心の中でつぶやくのが、私にできる精一杯のことでした。

青梅の杜でも多くのアカマツが松枯れ病の為に枯死し、残ったマツも、陽光を一杯に浴びることのできる環境が、少なくなったせいか、元気な個体は少なくなっています。
尾根に緑の枝を伸ばし、風に葉をそよがせる松の姿は、昔日の里山を彩った、重要な景観要素の一つでした。
その松林が、日本中で激減しており、ここ青梅の杜でも徐々にその姿を消していこうとしています。


マツボックリ

  昨年、12月23日に青梅でも強風が吹きました。

 心配になって駆けつけると、案の定、私の大好きな

 そのアカマツも、大きな枝を一本折られていました。

 元々、枝の少なかった個体なので、さらに樹勢は

 衰えていくでしょう。

 何とかしてやれないものかと、悲しい気持ちで、

 その木の周りを、ただおろおろと、うろついている時、

 ふと、足元に転がっているマツボックリに気づきました。

 

 

そうだ、この木を助けてあげることは、できないかもしれないが、この木の子孫を残してあげれば、命はつながっていくことになる。
松ぼっくりを拾い始めました。
ところが、種の詰まった松ぼっくりは、ほとんど見つかりません。

 


そのかわりに、こんなものが、沢山落ちていました。

マツボックリ(エビフライ)
 これは、実は、ニホンリスの食べかすです。

 松ぼっくりのかさの部分をかじりとって、中の

 種子を食べるのです。

 その形から「エビフライ」などと呼ばれ、環境教育

 の教材としてよく使われます。

 

 

 

アカマツは、パイオニア種として貧困な土地に真っ先に入り込み、枯葉や枝を落として土地を豊かにするだけではなく、リスなどの小動物にも貴重な食料を提供しているのですね。

 

ここでは、無理かとあきらめかけていると、切り株の上にちょこんと立派な松ぼっくりが。
しかもぎっしりと種がつまっています。これは、きっと、リス達が、「この種で、この松の子孫を育ててくださいね。」と、置いていってくれたに違いない、と大切に持って帰りました。
マツカサの間からはこんな種が。  

アカマツの種

 

ちょうど、カエデの種の半分の形をしています。風に乗って、クルクルと回転しながら飛んでいくようです。 

アカマツの種2 

 

 

 

 

 



もう少し季節が良くなったら、ビニールポットに播いて、苗を育てます。
アカマツの苗を育てるのは初めてなので、一から勉強しなければなりませんが、あの大好きなアカマツの為に、可愛いリス達の為に、絶対に成功させなければなりません。

何年かかるかわかりませんが、あの美しく懐かしい松林を必ず復元します。
その日まで、私は、生きていられるでしょうか。

この目でその松林を見ることはできないかもしれませんね。
でもいいんです。
大好きなあの松の子供もその林の中で、青く美しい枝をのびのびと広げ、風にそよがせて、人々の心を癒してくれるでしょうし、アカマツの種が大好きな可愛いリス達も、きっと喜んでくれるに違いないのですから。

 
koga



スポンサーサイト
プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。