スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒノキのリース

先日の間伐で出た大量のヒノキの枝葉。
枝先いっぱいに実をつけ、その実からたくさんの種子がとれました。

1ヒノキ-   
    
sDSCN8958.jpg
 

この種は未来に向けて、来春、種まきをする予定です。

では実が落ちた後の枝葉は・・・

まだみずみずしく香りもいいのに、このまま枯れてしまうのは可哀想。
そこでヒノキの枝葉と青梅の杜の草木・木の実を使ったリースを作ることにしました。

★まずはリースの枠作りから  
     3リース原型3 4リース原型-4

                 ↑  フジのツル  ↑
    
     フジはつる性の植物で、樹木にからみつき、幹を変形させたり 、生育を阻害するため、
    林業の世界ではやっかいものです。
    作業チームでは、見つけ次第、伐ってしまいます。
    今回は刈り取ったツルを事務所に持ち帰り、そのツルで円形の枠を作りました。

★メインになるヒノキの枝葉

5ヒノキの葉-5 6スギの葉-6
  
          ヒノキの枝葉                          スギの枝葉               
★オーナメントは青梅の杜から採集してきました。
7モミの木-7


s8ヒイラギ・スギの葉と実・メギの実-8    
     ↑・モミ の木の枝葉            ↑ ・ヒイラギの葉 ・スギの葉と実 ・メギの実                         
9ヒサカキ-9



 ←・ヒサカキ
   






10サネカズラの実-10  
 

 11ムラサキシキブ-11 (2)
   ↑・サネカズラの実             ↑ ・ムラサキシキブの実
        
 
12フユイチゴ-12 


  ←・フユイチゴ 
 


 
s13松ぼっくり




 ・←マツボックリ




14オニグルミ・マテバシイ・アブラチャン-14     15イロハモミジ-15 
 
↑・オニグルミ(上)  ・アブラチャン(右下)            ↑・イロハモミジ
 ・マテバシイ(左下)←これだけは公園で拾ったもの

16コウヤボウキ-16 



  ←・コウヤボウキ
 
   コウヤボウキはドライフラワーにしておいたもの





17ヒノキの実-17   18ヒノキの実・飾-18 
           ・ヒノキの実              ・ヒノキの実をつなげてみました。かわいいでしょ!


クリスマスリース

そして出来上がったのが青梅の杜をイメージして作ったクリスマスリース♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

19リース2-19


 ← ●スギの葉バージョン 





20リース-20 
                                       ↑ ●ヒノキの葉バージョン


21リース-21 
  
  「リース」とは花輪・花冠・和状のものを意味し、歴史は古く、古代ローマ時代からと
  言われています。
  リースが輪の形なのは「永遠に続く神の愛」を表しているそうです。
  またリースに緑色の常緑樹を使うのは、「農作物の繁栄」、
  尖ったヒイラギ・りぼん・ベルは「魔除け」、マツボックリや姫リンゴなどは「収穫」、
  「神への捧げ物」の象徴とされています。

青梅の杜のクリスマスリースは「永遠に続く自然との共存」のイメージ・・・でしょうか?
スポンサーサイト

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年後半はすっかりブログ更新が滞ってしまい、申し訳ございません。

今年も青梅の杜の自然や私たちの活動など、ここから発信していきたいと思っております。


昨秋はコナラのドングリが大不作で、そのせいか森の木の実が早い時期に

次々と動物や小鳥達に食べられて、常にも増して彩りの少ない冬になりました。

いつも正月飾りに使うナンテンも、今年は森の中でその赤い実を

目にすることはほとんどなく、いつもは林床を彩るフユイチゴも

お正月前に8割方、食べられてしまいました。

その中でわずかに残ったヤブコウジの赤い実と、作業道の上に生えてきてしまった

ヒノキの実生を救出して、ささやかですがお正月飾りを作ってみました。

photo1.jpg


今年は例年よりも寒さ厳しく、落ち葉や冬イチゴの葉にも霜が降りて寒そうです。

フユイチゴにかかる霜1s1

落ち葉にかかる霜s1 

凍えたような森の中でも、生き物たちはがんばって、この厳しい冬を乗り越えようとしています。

そんな小さな命の営み、大切に見守って応援していきたいと思っています。



お正月飾り

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年もささやかなお正月飾りを作ってみました。
作業道の上に芽生えてしまった、ヒノキの実生、赤い実はヤブコウジ、それにシダの赤ちゃんを寄り添わせてみました。
ガラスの器もお洒落でしょう?

PC285674.jpg



こちらは純和風、細いモウソウチクを鉢にして、同じくヒノキの赤ちゃんにヤブコウジの赤い実。
本当は、マツの実生が欲しかったのですが、アカマツ林復元を目指す青梅の杜では、アカマツの実生は、希少価値があって、鉢植えにはできません。

P1075743.jpg


季節は巡ってしまいましたが、クリスマスに作ったミニツリー
とても綺麗にできたので、紹介させてください。

コピー ~ P1075725


モミの木とスギの赤ちゃんは、林道上に芽生えてしまって、車にふんづけられそうになっていたのを救出しました。
ヒイラギの赤ちゃんを加えたら例年より可愛く仕上がったような気がします。


いずれの苗も生きていますから、ほんのひと時、部屋の雰囲気を和ませてもらった後は、再び、今度は安心して暮らせる場所に、植え戻します。

kuma

上級救急救命士

6月23日

今日は3年前に取得した「上級救急救命士」の資格を更新するために、地元の消防署の方のご指導のもと、事務所スタッフ、山林作業スタッフ全員で講習を受けました。

上級救急技能の内容は

 ・心肺蘇生法
 ・小児・乳児心肺蘇生法
 ・自動体外式除細動器(AED)操作
 ・止血法
 ・傷病者管理法
 ・外傷手当要領
 ・搬送法

通常、119番通報を受けてから救急車が到着するまで、全国平均で6.3分かかるそうです。
山の中だとその何倍の時間がかかるでしょうし、場所によってはヘリコプターでないと対応できない事も場合もあるでしょう。
応急処置方法を学ぶことは、山林業務従事者にとっては必須事項です。


特に心肺蘇生法は何度も時間をかけて、講習していただきました。

周囲の安全を確認して、傷病者の肩を叩きながら、反応するか確認します。

PA0_0003.jpg

「もしもぉ~し」 「わかりますか?」 「大丈夫ですか?」

反応がない場合は大声で助けを求め、119番通報とAED搬送を依頼します。

気道確保、呼吸の確認、人工呼吸・・・

PA0_0001.jpg

胸骨圧迫は1分間に100回のテンポで。
胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を組み合わせて行います。

正しい圧迫位置で、十分な強さと速さで絶え間なく圧迫することが大切・・・と、消防署の指導員の方が、一人一人に丁寧に教えてくださいました。


AEDの使い方の講習も受けました。

AEDは薪窯パン工房「木の葉」に設置し、木の葉のスタッフも全員、上級救急救命士の資格を取得しています。

救急車が到着するまでの間、現場に居合わせた人(バイスタンダー)の適切な応急処置が、尊い命を救うための「救命の連鎖」を担うこと、と教えていただきました。

講習を受けてみて、胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を何度も続けるのは、かなり大変なことだとわかりました。
一人でも多くの方が、このような技能を身につけて、適切な処置ができるように協力していくことが大切だと、しみじみと感じました。

chimo



山百合の受難

少し前の話しになってしまいますが・・・

前回、山百合のお話しをアップして一週間たったころ、山百合が約30本ほど無惨に倒されていました。
よく見ると根が掘り起こされて百合根がありません。
どうやら犯人はいのししのようです。
小さな百合は狙わず大きな百合だけが食べられています。
せっかくみんなで守ってきた百合なのに、やっと立派になってきたのにと、やるせない気持ちでした。

でも、イノシシにしてみれば貴重な食事。
私たちは、素敵な百合の姿を充分に楽しませてもらいました。
今度はイノシシがその豊かな恵みを味わう番だということなのでしょか…..

全ての百合が食べられた訳でもなく、2割ぐらい。
その辺りはイノシシも心得ているのでしょうか。

RIMG0001s.jpg




RIMG0004s.jpg



犯人のイノシシはまだ子供で、母親は捕獲されてしまったようです。

大きな心で自然の摂理を見て行かなければとは思うのですが、凡人の私は複雑なおもいです。

takata

言い訳・・・

ブログのアップがすっかり滞ってしまいました。

言い訳なのですが、スタッフみんなで「森林インストラクター」の試験に取り組んでいました。
ブログを書く心の余裕もなくて申し訳ございませんでした。

やっと昨日で試験がおわりほっと一息です。

この資格、林業の知識だけではなく、幅広い視野を持って杜づくりをしようとみんなで取り組み始めました。

次は12月にグリーンセイバーの試験が待ち受けています。

素敵な杜づくりの為に頑張りたいと心新たにしています。

takata
プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。