スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささやかだけれど、水源の森

皆さん、水源の森というと、たぶん、深山幽谷、仙人が住み、かすみが棚引くような大きく懐の深い森を連想されるのではないでしょうか。
標高も高く、空気も澄んでほのかに淡い、そんな森の中で、コンコンと湧き出でる透き通った清水。
幾筋もの微細な流れを合せて、やがて渓谷となり、平地へと流れ下っていく。

確かに、そういう立派な水源の森はあります。
大河の流れも、そうしたスケールの大きな森が健全に存在し続けることによって保たれています。

実は、青梅の杜も、あまり知られていませんが、多摩川と荒川の水源の森の一つなのです。
杜の西部、石神地区から流れ出る石神川は、直接多摩川に注ぎ込みます。

水源1



杜の中央部から湧き出て、東へ向かって走る黒沢川、黒仁田川の2本の流れは、入間川を経て、荒川の本流へと流れ下っていきます。
最大標高454m、面積360ヘクタールの小さな、本当にささやかな水源の森ですが、ちゃんと一人前に分水嶺を持ち、杜の中でゆっくりと育まれた一滴一滴の清らかな水は、やがては、多摩川や荒川の雄渾な流れを形成することになります。

水源2

 


水源5
  森林整備が進んでから、 一つ一つの

  沢の 水量も確実に増えてきました。


 

 

 

 

 

 

木洩れ日を浴びて、キラキラと輝く水面を眺めながら、ふと思うことがあります。
今、沢に落とした一枚の木の葉も、運が良ければ、川の流れを辿り、東京湾にその身を浮かべることになるのかもしれない。

川の流れは森が育みます。

そして川は海へ流れを注ぎ、海の水は蒸発して雲になり、森に雨を降らせます。

ヒガシカワトンボ

 

 

森、川、海と続く悠久の連環の中で

多くの生き物達が、それぞれの生を

精一杯に生き、そして輝くのです。

 

 

 

 



そして、その連環の中で、輝く生命達の営みを護る為の仕事をしている、いや、させて頂いている、そのことが、私たちの喜びでもあり、プライドでもあります。


今年の夏もまた、ゲンジボタルは、幻想的な光の演舞を見せてくれるでしょうか。

石神川で寄り添うようにして厳しい冬を越そうとしていたタゴガエル達は、無事に春を迎えることができるのでしょうか。

深い森の中で、遠い、あの大きな青い海原に想いを馳せながら、細く険しい山道を歩く一日もあるのです。

koga

スポンサーサイト

石神の大欅

青梅の杜では余り大きな広葉樹はありません。
広葉樹の面積も全体の10%しかありませんし、薪炭林として利用されていた森ですので
仕方がないことだと思います。

広葉樹は薪炭林としての利用がなくなり、伐採されることが無くなってから
大きくなった木ですから、大きなものでの直径50センチ程度です。

その様な広葉樹のなかでダントツに大きいのが石神にある欅です。

keyaki



沢の一番奥の崖のような斜面の大岩に乗っかるようにその欅はあります。
巨樹の調査で始めてその存在がわかりました。

胸高直径は約80センチ、地味も乏しく過酷な環境ですので
樹齢は100年を超えていると思います。
兄弟か子供なのか2本のこれも立派な欅を従えて立っています。

これからも時を刻んで欲しいと願う樹です。

takata

滝の話 その2

10月14日の「滝の話 その1」の続きです。

青梅の杜で一番大きな滝が石神川中の入りにある石神の滝です。

taki3
落差は約3メートルぐらいでしょうか。
ストレートな流れが美しい滝です。
京都などのお寺にあればきっと有名になるのではと思います。
この石神川は北の入り、中の入り、南の入りと三つの流れが集まって多摩川へと流れ込みます。



黒沢川の支流にあるもうひとつの滝は、こぶしの杜の手前で黒沢川に合流する沢にあります。
林道からも見えます。
落差は約1メートル、滝と呼べないかも知れません。
しかし流れの中にあって確かな存在感を主張しています。
taki4

私たちの管理地ではないのですが、森のなかにもうひとつ「幻の滝」があります。
かつては滝行をする場所だったそうです。
落差は4~5メートルはあるでしょうか。
しかし今は水の流れがありません。
かつては広葉樹の森だったのでしょう。
今は手入れがされず下層植生も無い針葉樹の森となってしまい流れがなくなったのでしょう。
昨年、この森も間伐が行われました。
やがて林床に下層植生が戻り保水力のある表土層が形成されていくでしょう。
そして沢の流れが戻ってきます。
この滝が幻で無くなる日を楽しみに山を歩いています。

takata

川の源流 その1

川の源流というととても魅力的です。

青梅の杜の中には大きな川は4本あり、そこには多くの沢が流れこんでいます。

たくさんの源流があるのですが、なかなか源流とはわかりません。
泉があってこんこんと水が湧き出ているというのなら素敵なのですが、
いろいろなところから水がしみでて、いつの間にか流れができているという感じです。

そんな中で、こぶしの森の手前で上栃谷に流れ込む沢は、源流がよくわかります。

gennryuu

石の隙間からかすかな流れが幾重にも染み出て流れとなっていきます。
そんなかすかな流れがいくつも合流し、水量が増え、本流に流れ込んでいきます。

この流れはやがて入間川、荒川を経て東京湾にと注ぎこみます。

ここで湧き出た水が海にたどりつくまで、どのくらいの日にちがかかるのだろう・・・

流れを見ながら想いを運んでいます。

takata

滝の話 その1

青梅の杜にはいくつかの滝があります。
滝といっても皆さまがイメージされる滝とは違い、かなり小さなものです。
でも見慣れてくるとそれぞれに個性があって素敵です。

私が一番好きな滝は、薪窯パン工房木の葉の近く、稚児入りの沢にある滝です。

taki1


滝筋が幾重にも流れ立派にごうごうと音をたてて流れます。
幾重にも流れる白い水の筋と、島のような苔むした石の緑のコントラストが素敵です。
稚児入りの沢はここから小さな渓谷のような地形を流れ
木の葉の前で黒仁田川本流にと合流します。


黒沢川の支流にはふたつの小さな滝があります。
taki2
ひとつは黒沢川の源流近く、上栃谷12の入りと呼んでいる沢にあります。
落差は約2メートル、きれいな流れだと思っています。
一人前に滝の音もごうごうと響かせています。
この滝は沢のかなり奥にある為あまり知っている人はいません。
山を歩いていてふと足を止め、豊かな自然を実感できる素敵な場所です。

まだあります・・・が、この続きはまた後日。

takata

プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。