スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法面工事

昨年のことです。

大雨が降った翌日、青梅の杜の水場の奥、黒仁田林道支線の斜面が一部崩壊しました。

崩壊した斜面を放置しておくと、さらに被害が拡大しかねません。

法面工事前
 被害の拡大を防ぐために、まずは法切り(のりきり)工事を行いました。
 ※法切り工事=斜面の土を一部削り取って、斜度をゆるくする作業

  ←法切り工事終了後の写真です。

 

 法面工事中-①   

 次に、間伐材を格子状に組み、鉄筋で斜面に固定する土留め工事

 行いました。  

 

     法面工事中-②      

 コンクリートなどの人工物をできるだけ使わず、細すぎたり、曲がっていたり

 して市場に出せない間伐材を有効活用した意欲的な試みです。

 これによって表土の風雨による侵食、土砂の流出を防ぎます。

 

 

土留め工事完成後の写真です。

直径10~14センチ、長さ1~4メートルの丸太を約300本使い、

268個の枡を作りました。

法面工事完成後 

工事後の法面に植生マットを貼り付けたり、種子を吹く付けるなどの方法もありますが

この森の管理には、「外来生物の持ち込みはしない」という大前提がありますので

自然に草木や低木が侵入してくるのを待ちましたが、はかばかしくありませんでした。

そこで・・・・・  

 

続きを読む...

スポンサーサイト
プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。