スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケヤキの旅立ち(森のおじさんシリーズ第2弾)

ある日、おじさんは山に入る前に、こぶしの杜にある苗床を見に行った。

こぶしの森の苗床

そこには、イロハモミジの稚樹に雑じって、あのアカシデが仮植えされていた。

あの日、懸命に身を震わせた6枚の葉はすでに落葉していたが、幹の瑞々しさは失われていなかった。
<無事に冬を越しそうだな。>おじさんはそう思った。 

 

こぶしの杜から離れて、ある沢筋に沿って山に入り、幹の眼通りが2メートルを超えそうな大きなケヤキの脇を通り抜けようとすると・・・

 

「おじさん、おじさん僕たちこれから旅行だよ!」 「おじさん、僕たち旅にでるんだ!」 いくつものかわいい声が降ってきた。 

ケヤキおじさんがケヤキを見上げると、ケヤキの木の落葉はすでに終わっていたが、茶色く変色しているがしっかりと枝についた葉と、その葉柄の近くに張り付く無数の種が目に入った。  
 

 

 

 

 「そろそろ木枯らしが吹く頃か。おまえさんたちの旅立ちだな。草原とか落葉樹の森とか、いいところを選んで、舞い降りろよ。くれぐれも達者でな。」

 ケヤキの種子

「でも、僕たちの旅行は、風任せだから。どこへ行くか分からないよ」とにぎやかである。

 

 
すると、ケヤキが会話に入ってきた。


ケヤキ:「ところでの、お若いの、おまえさんはそろそろ前期高齢者か?」


おじさん:「何の、まだまだよ。この健脚ぶりをよく見てくれ。」 

 

ケヤキ:「そうか、するとお前さんが鼻をたらしていた頃、初めての子供たちを旅に出した。」


おじさん:「へー、すると樹齢およそ百年か、人間なら百歳は珍しいが、ケヤキの木じゃあ、

      まだこれからだな。それにしても、あなた方の種の蒔き方は凄まじいよ! 

      種がついた小枝を、葉がついたまま枯らして、それが木枯らしの力で舞い上がる。

      身を切らせて、種をまく。」

  
ケヤキ:「何の、ご先祖様が、能天気だっただけよ。カエデやモミジのように種に

     洗練された羽根があれば、何も身を切ることはない。

     それよりも、この間、わしの枝で羽を休めたカケスが言っておった。

     わしによく似たケヤキが、この南にある小学校の裏山に生えていると。」



おじさん:「南にある小学校までは、およそ2キロ。小学校から多摩川までがおよそ1キロ。

      多摩川の崖には、おまえさんのようなケヤキが生えている。

      ただ、カケスが言ってたように俺には似ている、似ていないの区別はわからない。」

 

ケヤキ:「そりゃー、わしの子供のそのまた子供、人間でいえば孫かも知れんな。」



おじさん:「すると、お前さんの播いた種と、おまえさんの孫の種が同じ場所で、

      同時に発芽することもあるのかい?」

ケヤキ:「そんなややこしいこと、わしにもわからない。それこそ風任せよ」  


12月23日夜半から24日未明にかけて青梅の杜には、台風を思わせるような強い風が吹き荒れた。


ケヤキの木は清々しいように身ぎれいにして、春を迎えるまでの長い眠りに入っていた。

ogura

スポンサーサイト

アカマツ物語-その1

上栃谷の奥、ハイキング道の脇に、一本のアカマツが立っています。

アカマツ

すらりと背が高く、どことなく、気弱げで、上品なたたずまいの美しい木です。

数年前から元気を失くしてきているのはわかっていたのですが、私にはどうすることもできません。

ただ、パトロールの行き帰りに、立ち寄って、その木肌をそっとなでて、「頑張ろうな、お互いに。」と心の中でつぶやくのが、私にできる精一杯のことでした。

青梅の杜でも多くのアカマツが松枯れ病の為に枯死し、残ったマツも、陽光を一杯に浴びることのできる環境が、少なくなったせいか、元気な個体は少なくなっています。
尾根に緑の枝を伸ばし、風に葉をそよがせる松の姿は、昔日の里山を彩った、重要な景観要素の一つでした。
その松林が、日本中で激減しており、ここ青梅の杜でも徐々にその姿を消していこうとしています。


マツボックリ

  昨年、12月23日に青梅でも強風が吹きました。

 心配になって駆けつけると、案の定、私の大好きな

 そのアカマツも、大きな枝を一本折られていました。

 元々、枝の少なかった個体なので、さらに樹勢は

 衰えていくでしょう。

 何とかしてやれないものかと、悲しい気持ちで、

 その木の周りを、ただおろおろと、うろついている時、

 ふと、足元に転がっているマツボックリに気づきました。

 

 

そうだ、この木を助けてあげることは、できないかもしれないが、この木の子孫を残してあげれば、命はつながっていくことになる。
松ぼっくりを拾い始めました。
ところが、種の詰まった松ぼっくりは、ほとんど見つかりません。

 


そのかわりに、こんなものが、沢山落ちていました。

マツボックリ(エビフライ)
 これは、実は、ニホンリスの食べかすです。

 松ぼっくりのかさの部分をかじりとって、中の

 種子を食べるのです。

 その形から「エビフライ」などと呼ばれ、環境教育

 の教材としてよく使われます。

 

 

 

アカマツは、パイオニア種として貧困な土地に真っ先に入り込み、枯葉や枝を落として土地を豊かにするだけではなく、リスなどの小動物にも貴重な食料を提供しているのですね。

 

ここでは、無理かとあきらめかけていると、切り株の上にちょこんと立派な松ぼっくりが。
しかもぎっしりと種がつまっています。これは、きっと、リス達が、「この種で、この松の子孫を育ててくださいね。」と、置いていってくれたに違いない、と大切に持って帰りました。
マツカサの間からはこんな種が。  

アカマツの種

 

ちょうど、カエデの種の半分の形をしています。風に乗って、クルクルと回転しながら飛んでいくようです。 

アカマツの種2 

 

 

 

 

 



もう少し季節が良くなったら、ビニールポットに播いて、苗を育てます。
アカマツの苗を育てるのは初めてなので、一から勉強しなければなりませんが、あの大好きなアカマツの為に、可愛いリス達の為に、絶対に成功させなければなりません。

何年かかるかわかりませんが、あの美しく懐かしい松林を必ず復元します。
その日まで、私は、生きていられるでしょうか。

この目でその松林を見ることはできないかもしれませんね。
でもいいんです。
大好きなあの松の子供もその林の中で、青く美しい枝をのびのびと広げ、風にそよがせて、人々の心を癒してくれるでしょうし、アカマツの種が大好きな可愛いリス達も、きっと喜んでくれるに違いないのですから。

 
koga



クリスマスの森プロジェクト(貴方の優しさが新たな物語を紡ぎ出す)

青梅の杜では、この冬より、「クリスマスの森 プロジェクト」をスタートさせました。

林業の世界では、あまり大切にされず、むしろ邪魔者扱いされてしまうモミの木の赤ちゃんを 森から救出してきて、ミニクリスマスツリーに仕立てて、人々の心にささやかな安らぎを与え、 かつ、世界の野生生物や自然環境を護る事に一役買ってもらおうというプロジェクトです。

モミの木は、この地方の森なら何処にでも普通に生えてくる針葉樹です。
モミの木の材質は柔らかく腐りやすいので、材木としてはあまり高く売れません。
また、成長すると大木になり、四方八方に大きく枝葉を延ばして他の樹木を圧迫、日照を奪ってしまいます。

枝葉の量が多いので、伐倒する時に手間がかり、危険も伴いますので、 林内作業者には、あまり好まれません。

青梅の杜でも、スギ、ヒノキの人工林内に生えてきたモミは、1~2mに育った時点で、あるいは、それ以前に、大体伐採されてしまいます。

いずれは、伐られてしまう運命にあるモミの木の赤ちゃんが可哀想だ、なんとかしてあげられないか、と考えたことから、このプロジェクトは始まりました。

 

この小さな苗はモミの木の赤ちゃんです。
今年の春、芽吹いたばかりの赤ちゃんですから、 その姿はとても愛らしく可憐です。

モミ(森の実生)
   ミニツリー

 




 

 

 

掘り取ってきて、ささやかですが精一杯の飾りを身に纏わせて、小さな小さなクリスマスツリーになってもらいました。

高さはほんの10cm足らずですが、小さいながらも、けなげにクリスマスの雰囲気をかもし出してくれています。

ミニツリー②  ミニツリーは、弊社が経営する薪窯パン工房「木の葉」の

 店頭に置いて、WWFの募金に協力して下さった方に

 さし上げました。 可愛らしい、と特に女性のお客様に好評で、

 募金も 沢山集まりました。

 

 
クリスマスの季節が終わったら、飾りをとって、二回りほど大きな、底に穴の開いている鉢か、お庭に移植して下さい、とお願いしましたが、一つ問題がありました。

モミの木は、成長すると、高さ25m、直径1mを軽く超える巨木になることも珍しくありません。

ですので、あまり広くないお庭、あるいはマンションの一室での育樹は困難、というより不可能です。


そこで、青梅の杜では、「クリスマスの森」という区域を設定しました。
あまり大きくなる前に(手に持って簡単に移動できる大きさの時に)、青梅の杜に(或いは「木の葉」に)持ってきてもらって、こちらで、責任を持って安住の地に植え戻すというシステムです。


いずれ伐られる運命にあったモミの木の赤ちゃんが救出され、ほんの束の間でも、優しい誰かの手許で暖かく育てられ、その人の心を幾分かでも明るく暖かくして、そして、また青梅の杜に戻って、多くの生き物達とともに今度は安息の生活を送る。

その過程で皆さんから頂いた善意は、多くの方々の善意とともにWWFに送られ、世界の森や海や湖や山や川や多くの野生生物を保護する為に役立たせてもらう、

それが「クリスマスの森 プロジェクト」のコンセプトなのです。  ・・・・・・・・・

続きを読む...

プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。