スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチの巣の受難

山道から10mほどそれたスギの木に大きなハチの巣ができました。

山道から近いのでスタッフの間では注意を呼びかけていた巣です。
先日、通りかかったところハチの気配がありません。
巣をみてみると、大きな穴があいていました。

DSC_0016s.jpg



おそらく、なにものかに襲われたのでしょう。
ハチの姿もありません。

DSC_0014s.jpg




ハチの巣を襲うとなると、考えられるのはクマですがこの辺りにはいません。
いたら大変なことです。
物知りな古賀さんの話では、あと考えられるのはハチクマ(タカの一種)だそうですが、ハチクマだとするとこれは別の意味で大変なことです。
ハクビシンも木に登りますが、ハチの巣を襲うとは考えにくいということです。
犯人は、謎のままです。

今年はよくスズメバチをみかけます。
山に入るときは注意しています。
こんな危険な虫、いない方がと思うのですが、虫の生態系の頂点にたつスズメバチ、かなりの数の虫を捕食しています。スズメバチがいないとある種の虫が大発生して生態系のバランスが崩れてしまいます。
余程の危険がない限りは、駆除は控えることにしています。

この巣は自然の生態系のバランスの中でいつの間にか駆除されてしまいました。
美味しいハチの子にありついた何者かがいるのでしょう。

takata
スポンサーサイト

秋の消息Ⅰ

今年の秋は足早です。

こんなに鮮やかな秋の色

ミヤマアカネ



この頃、めっきり数が少なくなったミヤマアカネです。
環境NPOベルデの人達が、山の沢から水を引いて、きれいな水の「カエル池」を作ってくれたので、戻ってきてくれました。


池の傍には、燃え立つようなヒガンバナも

ヒガンバナ




こちらは、色づく前に落ちてしまったヤマガキ

青い山柿




この実を落とすヤマガキの木は、動物達の間では、有名なようで、柿が色づく頃には、毎晩、食いしん坊のタヌキが木の下にやってきて、一生懸命、上を見上げているそうです。
タヌキは、木登りが下手なので、落ちてくるのを待つしかないのです。
なんか、可愛いく思えませんか。

タヌキが見上げた柿の木




私も暫く見上げてみましたが、色づく前の柿の実は、葉っぱと同じ色でなかなかわかりません。

首が痛くなったのでやめました。
タヌキさんは、偉い、と思いました。

Kumasaburo

山百合の受難

少し前の話しになってしまいますが・・・

前回、山百合のお話しをアップして一週間たったころ、山百合が約30本ほど無惨に倒されていました。
よく見ると根が掘り起こされて百合根がありません。
どうやら犯人はいのししのようです。
小さな百合は狙わず大きな百合だけが食べられています。
せっかくみんなで守ってきた百合なのに、やっと立派になってきたのにと、やるせない気持ちでした。

でも、イノシシにしてみれば貴重な食事。
私たちは、素敵な百合の姿を充分に楽しませてもらいました。
今度はイノシシがその豊かな恵みを味わう番だということなのでしょか…..

全ての百合が食べられた訳でもなく、2割ぐらい。
その辺りはイノシシも心得ているのでしょうか。

RIMG0001s.jpg




RIMG0004s.jpg



犯人のイノシシはまだ子供で、母親は捕獲されてしまったようです。

大きな心で自然の摂理を見て行かなければとは思うのですが、凡人の私は複雑なおもいです。

takata

言い訳・・・

ブログのアップがすっかり滞ってしまいました。

言い訳なのですが、スタッフみんなで「森林インストラクター」の試験に取り組んでいました。
ブログを書く心の余裕もなくて申し訳ございませんでした。

やっと昨日で試験がおわりほっと一息です。

この資格、林業の知識だけではなく、幅広い視野を持って杜づくりをしようとみんなで取り組み始めました。

次は12月にグリーンセイバーの試験が待ち受けています。

素敵な杜づくりの為に頑張りたいと心新たにしています。

takata
プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。