スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水源の森 水質検査

青梅の杜には、多摩川水系と荒川水系の分水嶺があります。

ささやかですが水源の森です。

青く澄んだ美しい水。
 
032s.jpg
 
041s.jpg


青梅の杜では定期的に沢の水の水質調査を実施しています。

DSCN8174s.jpg


今回14か所で採取、その内11か所で、そのまま飲料に適すると言う、結果がでました。

残りの3か所も、動物が水を飲みにくるなどした結果、細菌が検出されたもので、

水自体は良質です。

ただ、もちろん、今回、飲料適合の場所も、カモシカやキツネやテンが水を飲んだり

流れを横切れば、 その直後は、飲料不可になってしまいます。

沢の水を直接飲むことはできませんが、このような結果が出たことは

森が生き物に優しい環境になってきている証拠、私たちにはうれしいご褒美でした。
スポンサーサイト

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年後半はすっかりブログ更新が滞ってしまい、申し訳ございません。

今年も青梅の杜の自然や私たちの活動など、ここから発信していきたいと思っております。


昨秋はコナラのドングリが大不作で、そのせいか森の木の実が早い時期に

次々と動物や小鳥達に食べられて、常にも増して彩りの少ない冬になりました。

いつも正月飾りに使うナンテンも、今年は森の中でその赤い実を

目にすることはほとんどなく、いつもは林床を彩るフユイチゴも

お正月前に8割方、食べられてしまいました。

その中でわずかに残ったヤブコウジの赤い実と、作業道の上に生えてきてしまった

ヒノキの実生を救出して、ささやかですがお正月飾りを作ってみました。

photo1.jpg


今年は例年よりも寒さ厳しく、落ち葉や冬イチゴの葉にも霜が降りて寒そうです。

フユイチゴにかかる霜1s1

落ち葉にかかる霜s1 

凍えたような森の中でも、生き物たちはがんばって、この厳しい冬を乗り越えようとしています。

そんな小さな命の営み、大切に見守って応援していきたいと思っています。



プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。