FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋を彩る草木 - 青梅の杜の秋

青梅の杜もめっきり秋らしくなりました。
秋の里山を彩る草花を幾つか。


雨露を宿したマツヨイグサ(待宵草)
マツヨイグサ

「待てど暮らせど来ぬ人を宵待草のやるせなさ」
と竹久夢二に歌われたのがこの花です。
すっかり日本の風景に溶け込んでいますが、チリ原産の帰化植物です。


金色に輝くススキ(薄)
ススキ1

秋の七草で「尾花」として歌われています。


燃えるようなヒガンバナ(彼岸花-別名 曼珠沙華)
ヒガンバナ

秋の野を華麗に彩るこの花も、とても古い時代に中国から渡来した帰化植物です。
有毒植物ですが、飢饉のときには根を粉末にし、水にさらして毒を除去し、食用にされました。


ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)
ヤマジノホトトギス

花の斑点が鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることから名がついたようですね。


ヒヨドリバナ(鵯花)
ヒヨドリバナ

秋の七草の一つフジバカマの親戚です。
ちなみにフジバカマも古い時代の帰化種だそうです。

koga
プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。