スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウバユリとアカトンボ

青梅の杜では、森林作業を行なう前には、必ず「事前影響評価」を行ない
作業が、作業地の環境に与える負荷が最小限になるように取り組んでいます。

作業予定地に希少種が見つかったり、ある生物にとって特別に重要な生息環境が
見つかった時には、作業場所の変更や、作業内容の変更を行なうこともしばしばです。

当然作業効率が落ち、様々に手間がかかってしまうのですが、森林所有者の暖かい理解と
手厚い支援があるのでそうした管理も可能になっています。

今回は、作業道沿いの草刈り作業の事前影響評価を行ないました。

その中で、普通種ですが、花や種子の形状に特徴があり、立ち姿が鮮やかなウバユリの
蕾を付けた個体が多く見つかりましたので、簡単なマーキングをして草刈り作業から
保護しました。

ウバユリつぼみ1




ウバユリつぼみ2


8月のはじめに花が咲き、

ウバユリの花2




ウバユリの花3





中旬には未熟果がついていました。

ウバユリの未熟果


未熟果のてっぺんにアカトンボがとまっていました。


ウバユリ未熟果とアカトンボ1 

ウバユリ未熟果とアカトンボ2 



なんとなく、保護したことが報われたような、そんな気がしました。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。