スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝の話 その1

青梅の杜にはいくつかの滝があります。
滝といっても皆さまがイメージされる滝とは違い、かなり小さなものです。
でも見慣れてくるとそれぞれに個性があって素敵です。

私が一番好きな滝は、薪窯パン工房木の葉の近く、稚児入りの沢にある滝です。

taki1


滝筋が幾重にも流れ立派にごうごうと音をたてて流れます。
幾重にも流れる白い水の筋と、島のような苔むした石の緑のコントラストが素敵です。
稚児入りの沢はここから小さな渓谷のような地形を流れ
木の葉の前で黒仁田川本流にと合流します。


黒沢川の支流にはふたつの小さな滝があります。
taki2
ひとつは黒沢川の源流近く、上栃谷12の入りと呼んでいる沢にあります。
落差は約2メートル、きれいな流れだと思っています。
一人前に滝の音もごうごうと響かせています。
この滝は沢のかなり奥にある為あまり知っている人はいません。
山を歩いていてふと足を止め、豊かな自然を実感できる素敵な場所です。

まだあります・・・が、この続きはまた後日。

takata

プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。