スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケヤキの旅立ち(森のおじさんシリーズ第2弾)

ある日、おじさんは山に入る前に、こぶしの杜にある苗床を見に行った。

こぶしの森の苗床

そこには、イロハモミジの稚樹に雑じって、あのアカシデが仮植えされていた。

あの日、懸命に身を震わせた6枚の葉はすでに落葉していたが、幹の瑞々しさは失われていなかった。
<無事に冬を越しそうだな。>おじさんはそう思った。 

 

こぶしの杜から離れて、ある沢筋に沿って山に入り、幹の眼通りが2メートルを超えそうな大きなケヤキの脇を通り抜けようとすると・・・

 

「おじさん、おじさん僕たちこれから旅行だよ!」 「おじさん、僕たち旅にでるんだ!」 いくつものかわいい声が降ってきた。 

ケヤキおじさんがケヤキを見上げると、ケヤキの木の落葉はすでに終わっていたが、茶色く変色しているがしっかりと枝についた葉と、その葉柄の近くに張り付く無数の種が目に入った。  
 

 

 

 

 「そろそろ木枯らしが吹く頃か。おまえさんたちの旅立ちだな。草原とか落葉樹の森とか、いいところを選んで、舞い降りろよ。くれぐれも達者でな。」

 ケヤキの種子

「でも、僕たちの旅行は、風任せだから。どこへ行くか分からないよ」とにぎやかである。

 

 
すると、ケヤキが会話に入ってきた。


ケヤキ:「ところでの、お若いの、おまえさんはそろそろ前期高齢者か?」


おじさん:「何の、まだまだよ。この健脚ぶりをよく見てくれ。」 

 

ケヤキ:「そうか、するとお前さんが鼻をたらしていた頃、初めての子供たちを旅に出した。」


おじさん:「へー、すると樹齢およそ百年か、人間なら百歳は珍しいが、ケヤキの木じゃあ、

      まだこれからだな。それにしても、あなた方の種の蒔き方は凄まじいよ! 

      種がついた小枝を、葉がついたまま枯らして、それが木枯らしの力で舞い上がる。

      身を切らせて、種をまく。」

  
ケヤキ:「何の、ご先祖様が、能天気だっただけよ。カエデやモミジのように種に

     洗練された羽根があれば、何も身を切ることはない。

     それよりも、この間、わしの枝で羽を休めたカケスが言っておった。

     わしによく似たケヤキが、この南にある小学校の裏山に生えていると。」



おじさん:「南にある小学校までは、およそ2キロ。小学校から多摩川までがおよそ1キロ。

      多摩川の崖には、おまえさんのようなケヤキが生えている。

      ただ、カケスが言ってたように俺には似ている、似ていないの区別はわからない。」

 

ケヤキ:「そりゃー、わしの子供のそのまた子供、人間でいえば孫かも知れんな。」



おじさん:「すると、お前さんの播いた種と、おまえさんの孫の種が同じ場所で、

      同時に発芽することもあるのかい?」

ケヤキ:「そんなややこしいこと、わしにもわからない。それこそ風任せよ」  


12月23日夜半から24日未明にかけて青梅の杜には、台風を思わせるような強い風が吹き荒れた。


ケヤキの木は清々しいように身ぎれいにして、春を迎えるまでの長い眠りに入っていた。

ogura

comment

管理者にだけメッセージを送る

私もそう思います


とりあえず比較データとカテゴリに追加してみました^^

http://milmo.web.fc2.com/

私も・・・同感♪

ミルモさん、初めまして!
このブログの更新等を担当しておりますchimoと申します。

「そんなややこしいこと、わしにもわからない。それこそ風任せよ」

ですよね(^_^)v

データとカテゴリに追加して頂き、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。