スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モミの木の受難(森のおじさんシリーズ第三弾)

いつもいい加減なおじさんにも律儀なところがある。
山の神様を祭る祠の傍らを通り過ぎる時は、必ず祠の前に立ち、 2拝2拍手1拝の拝礼を行いそれから山に入る。
その日もこの拝礼を行ってから、雨上がり直後の山に分け入った。

やや急な登り口を過ぎなだらかな尾根筋に達した時、ヒノキ林の木漏れ日に地面から立ち昇る水蒸気が浮かび上がり、ゆらゆらと輝く幻想的な文様を作り上げていた。
林内にあやなす光の輪舞を眺め、立ち込めている水蒸気と満ち満ちているフィトンチッドを胸一杯吸い込み、おじさんはこれ以上の幸せは無いという笑顔を見せた。

その刹那、おじさんは道端に生えているモミの木の5年生位の稚樹を一本抜き捨てた。
さらに道から4~5メートル林内に踏み込み、もう少し大きめな稚樹を引き抜こうとした。
手で抜き取ることができないので、左足で苗の中ほどを踏み、緩やかに撓んだところを右足で数回蹴った。苗の根が次第に浮き上がってきたところを、最後は手で抜いて放り捨てた。

その一部始終を見ていたヒノキが、たまらずに声を掛けてきた。
「おじさん、いくらなんでもあんまりだよ。それじゃあモミの木が可哀そうだよ。」

「今はお前さんたちより背が低くて、おとなしいが、20年もしないうちに立場が逆転するよ。そうならないように、小さい苗だから手を打ったんだ、感謝されてこそ非難なんかされたくないね。」
そう言い捨てると、おじさんは尾根道をさらに進んだ。

モミの葉

しばらく進むと、静まり返っている林の中の

山道にすでに茶色く変色し始めたモミの葉が

大量に散らばり、その周辺の空気も沈み切って

いるところがあった。

 



おじさんは、その辺の長老である境界木のヒノキを見上げるようにして、この理由を聞いた。


「見てごらんよ、あのモミに雷が落ちたんだ。 なんとか持ちこたえそうだったんだけど、結局、だめだったね。 突然、葉を全部振りまいてさ、一巻の終り。」
もみの木1


モミの木に近づいて見上げると、幹の中ほどから上にかけて斜めに樹皮が捲り上がり、鋭く削がれたような傷跡があった。

 

 

 

 

もみの木2



その傷跡を眺めて雷撃の凄さを想像していると、モミに南側を塞がれていたヒノキが声を上げた。

「こいつが小さかった頃は、おとなしくてさ、近所の付き合いなんぞもへらへらしてやがってね。ところがさ、いつの頃からか急に背がでかくなりやがって。

背がでかくなった途端、態度まででかくしやがって、それからは往生したんだよ、こいつには。」

「確かに憎まれっ子だったけど、急に死なれちゃうとかわいそうでね。」

「悪く言うのも少なくないけど、やっぱり仲間内のことだから悲しむのも居るよね。」

「あたしなんか、一緒に痺れたからね。大雨の夜だったけど、突然目の前が昼間のようになった途端。ビリビリっと来たのよ。そりゃー、凄かったもんね。」


最後に長老が、
「おじさん、当分の間、このモミの子供らを引き抜くのは止めにしないか。・・・・
背の高いおれの身代わりになったとも言えるし、少なくとも、仲間へ哀悼の気持ちを表したい・・・。」g>


おじさん「・・・・・・・・・」

おじさんは、その後もせっせとモミの苗を引き抜いて歩いていました。

ogura

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつか・・・

コメントありがとうございます。

コメントを頂いて、「森のおじさん」も
ますます張り切って続編を書いてくれると思います。

山の中って、いろんな物語が詰まっていますね。
いつか本当に絵本風にまとめられたら・・・て思います♪。
プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。