FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の春

今年は春の訪れが早いようです。
早くも20度を超える初夏の様な日もありやはり温暖化なのでしょうか。
青梅も里の梅の花は咲き始め、山の木々も新芽がふくらみ始めています。

梅の花



昨年の今頃は大雪が降り寒かったのですが。


早い春は山の仕事にとってはちょっと困りものです。
木は気温が下がると根からの水の吸収を止め休眠状態となって冬を越します。
ですから冬は木の中の水分量が減少しています。
木材として木を利用するにあたって水分量が少ないということは好都合なのです。

仕事をするにおいても木が水をあげ始めると、重量が増えて取り扱いがしにくくなります。
今年は春の訪れを気にしながら追われるように木を伐っています。

余談ですが、山の芽吹きはとても美しい風景です。
特にコナラの森の芽吹きが私はとても好きです。

芽吹き 
ある日突然、それまで灰色だった森が、少し色が見えたかなと思ったら、その色が黄色だと気づきます。
そうするとすぐにみどりにかな思い、段々とみどりが確信できるように変わっていきます。
ほんの数時間でみどりの森に変わります。


昔の人は萌黄色とよくいったものだと思います。
ほんとうに山が萌え立つようにみどりにかわっていきます。これは感動です。
いちばんきれいな萌黄色は瞬間、木の生命力、自然の息吹を感じられる素敵な光景です。

是非、その瞬間を見に山に足を運んでみませんか。
お勧めは木の葉のテラス席、温かいコーヒーを飲みながら豊かな時間をお楽しみください。
私も今年のその瞬間はコーヒーブレイクとたくらんでいます。

takata

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いつもコメントをいただきありがとうございます。
芽吹きの瞬間は日本全国どこでも見られますよ。
森になっていた方が感動は大きいですが公園などでも大丈夫です。
その気になって観察してみてください。
芽吹きは地方によって差がありますし、その年によっても違います。
だいたいは5月の連休明けだと思うのですが、今年は少し早いと思います。
毎日、芽吹きを楽しみに木を観察するのもいいのではないでしょうか。
ちなみに私も毎朝通勤で乗るバス停の横の公園の木々を観察しながら、そろそろ芽吹きかな、ドングリが落ちだしたな、なんてやっています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

saburou

Author:saburou

リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。